テキサス州南部にある    サンアントニオという街に   住んでいます。           コメント大歓迎です。    ぜひあなたの足跡を。
by maxumii
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2007年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
旅日記vol,3~不思議な能力と恐怖の予言?!


ぐえっ!もう8月ですか?!!!
思えば日本を離れて早5回目の夏です。
嗚呼恋しや、浴衣にイカ焼きカキ氷。
もう日本も夏本番、なのでしょうねえ。

a0082019_22554171.jpg

↑は、カンクンの和食処で食べた、、
何だと思います?





・・・・サボテンの佃煮。




***************


マヤ文明のお話には
盛りだくさんだったいけにえ関係以外にも
興味深いものがたくさんありました。



ガイドさんが見せてくれたこんな写真。

a0082019_23134876.jpg

遺跡で発見されたマヤ人の頭蓋骨なんですが
写真下、すごい形をしてますよねえ。。。
これ女性の頭蓋骨らしいのですが、
どうやらマヤの人たちの間では
”纏足(てんそく)”ならぬ、”纏頭”?が行われていたらしい。
そう、頭の形をなんらかの器具をつかって変形させる、
それが”女性の美しさ”、だったんですねえ。
しかしどうやってこんな形にするんだろうねえ?
変形施す系のお洒落は未トライなもんでわからないわあ。




a0082019_23321629.jpg

↑こちらは、
チチェンイツア遺跡の中でも
大変古い建築物に残っている柱。
これにまつわるお話もまた興味深い。

この柱には、
ある動物の姿をした神様の姿が刻まれています。
壁から突き出している部分がその
お鼻の長ーい、そう、象さんです。

これね、THE謎、なんだそうですよ。
というのは、
マヤの人たちが生きた時代、
この大陸には象という生き物は存在しなかったはずなんです。
なのになぜこんな風に鼻の長い動物が
神として建造物に彫刻されているのか。。

これにはこんな説があるんだそうです。
マヤ人はマンモスを追って大陸に渡った人たちで、

そのルーツは私たち日本人と同じである。

んーーー、記憶はっきりせず説明薄ですが。。。
事実、マヤ人が使っていた言葉には
日本語に大変に似たものがいくつも発見されているんだそうですよ。
コミュニケーションできたかもしれないねえ。
とーーーーおいとーーーーーおいご先祖さま?






マヤ文明といえば
a0082019_003835.jpg

高度な天文学の知識を持っていた、というのは有名なお話。
ツアーのクライマックスに訪れたのは
こちら、天文台でした。


マヤの人たちは天体観測を通して
大変に正確な暦をもっていたそうで、
とおーーーいとおーーーいマヤの時代に
”1年は365日”であることを導き出していた、
しかも!
1年=365.242128日というものすごい細かな数字まで計算され、
この数字は現在使われているグレゴリオ暦というものよりも
0.0001日正確!
グレゴリオ暦が3300年に一度修正を加えないといけないのに対して
マヤの暦は96000年に一度の修正でよい!!

・・・・・・・と。。

はーーーーー、、、難しくてなんやら分かりませんが。。。
とにかくすごい!ということは分かりました(笑)

なぜこんなに正確な暦をはるか遠い昔、
スペシャルな機材もなかったであろうマヤの人たちが
導き出すことができたのか。。不思議ですよね、謎すぎます。
これだけ正確な暦を星の動きから得るためには
とてつもなく長い年月がかかるだろうといわれており
それだけの時間をかけたとは考えがたいため、

”マヤの人には特別な能力があった” 

そう考える研究者はたくさんいるそうですよ。
あるいは
宇宙人となにか関係があったのでは・・・?
とかも言われてますよねえ、、おおおおおおーー、マヤ興味深すぎ!
はっ!そういえば、纏頭↑の頭蓋骨、宇宙人っぽくない??
マブダチだった異星人への憧れが、
こんな流行を生み出したとか!!?!
うおーー、考えられなくもないよねえ?!
って・・・ふう、、テンション上がっちゃったぜ。。





でね、




そんなマヤ暦の世界にはね、
こんな単位があるんだそうですよ。


1バクトゥン=144000日(約395年)




そして
マヤの人たちはこんなことを言っている・・・
13バクトゥン=5129年毎に、









・・・・・ 世界は終わる ・・・・・



実は現在は第4の世界
この世界が始まったのは紀元前3114年8月11日
そこから導き出される第4世界終焉の日は・・・・・















2012年12月23日





a0082019_165799.jpg

この天文台から
マヤの人々は何をみていたのでしょうか。
・・・あなたはマヤを、信じますか?






猪木こういうの信じちゃう性質なのよね~+++
マヤのカレンダーには
この日以降の日付は存在しないだってさ。。
んーーー、あと5年かーー。
何食べとこうかあ~何しとこうかあ~なんて。。
まあ信じなくともさ、
心に留めて毎日を大切に生きようと思いますね。。ハイ。






ものすごいクライマックスで幕を閉じた遺跡ツアー。
やっぱり日本語ガイドさんにお願いしてよかった*
もっともっと知りたいマヤのこと、本でも読んでみようかな。






しかし、3回分の記事になるとは思わなかったよ(笑)
ぞぞっとした?んじゃあクリック♪
人気ブログランキング
[PR]
by maxumii | 2007-07-31 23:23 | 旅行記(メキシコ)
夏の旅日記②~いけにえ三昧
a0082019_1022881.jpg

そんなわけで、MEXICOに行って来た猪木です♪
↑はお土産屋さんで見つけたハタオリ機。
メキシコの色使いって本当にきれい。
というわけで、旅日記Vol2です。


************

巨大なピラミッド神殿に施された数々の仕掛け。
マヤの神秘に圧倒されながら
次に向かった先は・・・


a0082019_10281097.jpg

こんな場所。

なんだと思います?このダダっぴろい施設。
実はここ”球技場”だったらしいのです。
で、どんな球技をしていたのか、というと

a0082019_1031399.jpg

壁にね、こんなリングのようなものが残っている。
どうやらここに、ボールを通過させるという球技だったようです。


マヤ人さんもスポーツなんてしてたんだねえ~。
飛び交うかけ声、飛び散る青春の汗、
サラ毛の隙間ではじける笑顔に、まばゆく煌めく純白の歯。
いにしえの球技場に吹き抜ける爽風に
爽やか過ぎるマヤメンズの想像を楽しんでいた猪木、、


だったのですが、、、


この球技、
スポーツなんつう爽やかなもんじゃ、なかったらしい。。。
じゃあなんだったのか、、というと。。


”いけにえ”を決めるための儀式

だったらしいのです。。。
それを証明するあるものが、
高い高い壁のふもとに残されていました。

a0082019_2261725.jpg

それがこの壁画

分かりづらいと思いますが。。。
向かって右側に首を切り落とされた選手。
その切断口から吹き出す血しぶきは蛇となり
その蛇の首が地に作物を実らせているという図が描かれています。

・・・・爽やかマヤメンズの妄想崩壊。。。
これはまさに命がけの球技、爽やかなわけはありませんな。。
で・・・、だれが”いけにえ”に選ばれたのか。
誰だと思いますか?









なんと。。


勝利したチームのキャプテン


・・・・いやーーーー、、、そっれは、やる気でないよねえー。。
猪木だったら絶対”わざと負け”とかするけど!
でもこの時代、この小さな小さなコミュニティーの中では
”天国にいける者””血を流して死んだ者”だと信じられていたそうで
いけにえになるということは大変名誉で幸せなことだとされていた。
そうか、、、そう言われたら、
殺されると分かってても頑張っちゃうのかなあ。


a0082019_22333636.jpg

そうして切断された”いけにえキャプテン”の首が
祭られていたとされる祭壇。。なんともいえない雰囲気です。
祭壇に刻まれているのは無数のドクロ
そしてガイドさんから一言。
「ここから”いけにえ”関係続きます」
・・・はい、覚悟していきます。。嫌いじゃないんで。



で、
いけにえ関係2はこんなところでした。
a0082019_2251896.jpg

「戦士の神殿」


ここもやっぱり”いけにえ”の儀式が行われていたとされる場所。
神殿頂上の真ん中になんかいます。

拡大すると
a0082019_2374110.jpg

こんな像、お名前は「チャックモール」さん。
なかなか凛々しいお顔つきで
小粋なポーズをとっておられます。
が、このそっとかかげられた優しげな左手は・・・




いけにえの心臓置き場、だったようです。


この神殿は遺跡の中で
太陽が昇るに位置しています。
昇ってくる太陽にいけにえの心臓をお供えし
今日一日をエネルギーを持って照らしてくれるように
行われた儀式だとされているそうです。
ここに心臓乗ってたら、、、THEホラーよねえ。。。




いけにえ関係3は、
a0082019_23353392.jpg

いけにえの泉セノーテです。

ユカタン半島には「セノーテ」と呼ばれる、
こんなふうに地に穴が開いた形の泉がたくさんあります。

マヤの人たちは地下・地上・天という3つの空間の中で
地下を神がいる場所として一番重視したとはいわれていて
それはこのような形で「水」があったから、だったらしい。
その「地下」にお供えをする、、ということで
この泉にはたくさんの”いけにえ”が捧げられたのだそうです。
近年、この泉の調査を行ったところ
たくさんの人骨と遺品が見つかったのだとか。
いけにえを清めたのではないかとされるサウナや
泉に投げ込まれる前のいけにえを置いた台など、
生々しいその形がそのまま残されています。
生と死の境界線、いけにえになった人たちは
ここで何を思ったのかな。。




**************




今日は「いけにえ三昧」でお届けいたしました。

マヤ文明とこの「いけにえの儀式」というものは
切っても切り離せない大切な関係、
生きるためのエネルギーを得るためのものとして
大変盛んにおこなわれていたものだったようです。

遠い遠い昔に生きたマヤの人たちが
というもの、人間というもの、
それからこの地球というもの、
それをどのように見出してどう捉えていたのだろうかとか
彼らのその世界観は一体どこからどうして作られ、
それはどこまでだったのか・・とか
今の時代にある常識や知識しかない私には
どうにも計り知れないものがたくさんあるような気がします。




はー、ちょいと残酷でしたね。
次回はマヤ人の不思議な能力と恐怖の予言
皆さま、ぞぞーーーっのご準備を。。。





人気ブログランキング
[PR]
by maxumii | 2007-07-26 10:35 | 旅行記(メキシコ)
夏の旅日記①~マヤ人の足跡
a0082019_2211154.jpg

帰国しました、猪木です♪

太陽マン↑のごとく心晴れ晴れ!
旅にてうーんとリフレッシュしてまいりました*
今回訪れたのは・・・あ、太陽マン↑でなんとなく分かります?
そう、サンアントニオに住んでるからにはね、
一度は行っておきたかった国。

お隣さん、MEXICOです。

行ってみたいメキシコらしい町はたくさんあったんだけど
日にちがとても限られていたので長距離移動は無理。
ということで今回は、
ユカタン半島でのバケーションをチョイスしました。
ではでは写真満載で旅日記vol1です♪


********

ユカタン半島、といえば
超有名な観光地CANCUN、ですね。
今回猪木たちは、ある目的で一泊だけ(笑)
CANCUNに宿泊することにしました。
その目的とは・・・・

a0082019_2247967.jpg

これです、マヤ遺跡。 

CANCUNから車で3時間ほど、
ジャングルの中にニョニョっと佇む巨大なマヤ人の足跡。
謎好き猪木家としてはハズセナイスポット!
ここはもちろん、深ーく深ぁーーく楽しみたいということで
日本人ガイドさんつきのツアーに参加してみたのでした。



a0082019_236407.jpg


なんともいえない田舎の風景を
窓越しに眺めながらバスに揺られて・・


a0082019_23135226.jpg

やっとこさ到着したチチェンイツア遺跡
さあ、謎に包まれたマヤ人の城へいざ!


a0082019_23203836.jpg

沿道にずらりと並ぶ
色鮮やかなお土産やさんの間をぬっていくと、
まずどっどーーんと現れるのが

a0082019_2324453.jpg

こやつです、

ピラミッド神殿「エル・カスティーヨ」

とっにかく巨大です!

a0082019_23421131.jpg

ね、巨大です。
4面に階段のあるピラミッド型の建造物で
細部にわたって色んな意味と仕掛けが隠されてる!
きた・・・、、、きたよきたよーー!!!

例えば、この階段、91段あるらしいんだけど
これが4面にあるということで91段×4面364
これに最上段(上に乗っかってる部分)を加えて
1年の年数を表す「365」という数字になる!とか。


この階段に向かって手を叩くとね、
「チュインチュイン」ってすごい不思議な音がするの。
これは中に部屋があってそこに反響して起きる音らしいんだけど
おそらく神殿に手を合わせてこの音をたてることで
神と交信していると考えられていたのではないか、とか。
a0082019_23585143.jpg
↑神と交信なさっているだんなさん。



そして
なんといっても最大の仕掛けはこれ。
a0082019_23595528.jpg

ちょっと分かりづらいと思いますが
階段のヘリ?の部分。
末端(下部)に蛇の顔が彫刻されているんです。
a0082019_08374.jpg

これ、「ククルカン」というマヤ神話の至高神で
羽の生えた蛇、なんだそうで、
頭しか彫刻されておらず羽がないのはなぜだろうと
長い間謎とされてきたそうなんですが

なんと
↓これ、ガイドさんが見せてくれた写真。
a0082019_0142348.jpg

年2回、春分の日秋分の日
太陽光によって階段のヘリにが照らし出されるんだそうだ!
しかもウネウネウネウネ、動いてるんだって。
すごい。。。もんのすごい仕掛け、マヤ人恐るべしです。。



なんだか謎もんは長くなりそうなので
続きはまた次回♪
あ、おまけですが、遺跡で出会った↓


a0082019_0292140.jpg

イグアナっち。



旅日記をどうぞよろしく♪
人気ブログランキング
[PR]
by maxumii | 2007-07-25 22:34 | 旅行記(メキシコ)
最近の事件簿

a0082019_09144.jpg

納豆を食べようとフタを開けたら

a0082019_0477.jpg


・・・・



なんか



やったぜ、べいびー。






a0082019_0104580.jpg

WWE(プロレス)を観にいったら

a0082019_044369.jpg

”演出花火”の凄まじさにまた、腰を抜けた!

室内なのにさ、↑写真撮ったらこんな風になっちゃうほど。
この火薬の量・・・・こりゃほぼ火事だって。。
さすがアメリカだわねえ(笑)





a0082019_05501.jpg

NYで毎年開催されるホットドッグ早食い大会。
長年チャンピオンだったMR KOBAYASHI!
今年は負けちゃいましたねえ。。。応援に相当熱入っちゃったよ。
しかし、それより何よりも

a0082019_061135.jpg

ホットドッグ早食い大会に
これだけの観客が入る・・ということに驚いたわ(笑)






不穏な空気を感じて振り返ったら



a0082019_032497.jpg

コオロギが山盛りがいらした!!ぞぞぞぞーーーー。
(↑の写真、もうチョイ角度上から撮ると猛烈です。。)
おののいて辺りを見渡すと
近くにあった壁はコオロギで真っ黒!
サンアントニオ只今、コオロギの季節らしい。。。
我が家の下駄箱からも、
毎朝風流な鳴き声が聞こえます。



と、

溜まっていたネタをコンパクトにまとめ上げた?ところで(笑)


猪木、ちょいと旅に出ます



次回は旅日記♪
いい写真たくさん撮ってきます*



いつもクリックありがとう!
更新ままならないのに、ランキングは絶好調です、ありがたや。
人気ブログランキング
[PR]
by maxumii | 2007-07-19 00:26 | 生活
夏空の下、風呂上りで


先週の話ですが
7月4日という日はアメリカの独立記念日だったらしく
お仕事がお休みだというので

a0082019_22271788.jpg

SEA WORLD に行ってきました。
シーワールド、といえばね・・・・




秋空の下、風呂上り状態で風邪をひいた
ずぶ濡れ御礼な思い出が嗚呼、よみがえります。。
(その日の模様はこちらの記事)
でももう、夏だしさ、まーー濡れても乾燥も早かろう。
というわけで


THE・リベンジ
~メリケン遊園地をナメんなよ~



まずはお友達からナイス情報をいただき
a0082019_22365544.jpg

こんな場所で

a0082019_223939.jpg

景気づけ!
なんと嬉しい、こちらテイスティングバー。
小生くらいはある普通サイズのコップで
たっぷり2杯までタダビールが飲めちゃう。
さらになんと、キリン一番絞りをいただいちゃいました。
ごっつあんですっ!


さあ、テンションもあがった、気合も入った!
ということで
やる気満々、濡れる気満々で向かったのは

a0082019_22465583.jpg

SEA WORLDの最新アトラクション
"Journey to Atlantis"

どーーー見ても”水系アトラクション”しかも、おNEWであるからして
a0082019_2253978.jpg

ほっほーーーー、水っぷりは相当なもんだ・・

このシブキの凄まじさに
一瞬たじろぎを見せた猪木たちだったが
景気づけのビールがテンション上げを手伝って
勇ましく順番待ちの列に並んだ。







前に並んでる男子たち

a0082019_2257134.jpg

合羽フル装備




至近距離に見る

a0082019_22594936.jpg

BEFORE and AFTERの衝撃




搭乗者への注意書きには
a0082019_2334482.jpg

WILL GET VERY WET AND
POSSIBLY SOAKED



SOAK(動詞):
〈人・物が〉(水・液体に)つかる, 浸る((in ...));ずぶぬれになる
水につかる・・・・・

=お風呂に入る!!!

あの日の悪夢が蘇る・・・
また風呂上りで、、、夏とはいえど若干寒い曇り空の下?!


そして極めつけは・・・



アトラクションで見かけた男の子の
a0082019_23222737.jpg

フェイスペイントの流れっぷり!!!!・・・・
これはそーーーーーとーーーーーお濡れになった跡、、、
以外の何物でもない。。。。


「NEXT!」
いよいよ決戦のとき・・・通された席は
あっ・・ありがとう。。
超ラッキーの一番前・・


a0082019_23252618.jpg

カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ・・・・・・







え、で、どうなったか?
・・・・・んーーーーーーーーーーーー。








YES!ベリー風呂上り!









でもやっぱ夏だわ、曇りといえども乾きは早い♪
秋のような悪夢を見ることはなく
a0082019_23291127.jpg

アシカショーを観たり、利口だねえ~。

a0082019_23333869.jpg

ぷは~~と出てきたのはイルカ君。

a0082019_23343650.jpg

こちらはシーライオン、だって、おっきーーーい!



そして夜には


a0082019_2336370.jpg

独立記念日を祝うアメリカン花火が
夜空を彩りました**
すんごい迫力でなんか、、、
「独立、おめでとう」って思った・・・。。






a0082019_23373783.jpg

夕焼けに染まる最新ずぶ濡れアトラクション。
結局ずぶ濡れは免れられなかったけれど
サンアントニオの太陽に助けられたリベンジ、
でございました。




*おまけ*

全然関係ないけど
帰り、大渋滞の駐車場で
暇を持て余す猪木の目に留まった
超クールなCARアクセサリー。
これ、欲しいわ。



a0082019_2340209.jpg




あ、あなたも欲しい?んじゃクリックをお願いします。。
人気ブログランキング
[PR]
by maxumii | 2007-07-13 22:32 | おでかけ(その他)
ファームステイ体験(最終回)


少々、ご無沙汰してしまいました。
それではファームステイ最終回♪


というわけで、
猪木、その日は勝負下着じゃなかったんでね、
下着バーには寄れずにファームに戻る、と、


a0082019_9594878.jpg

楽しい夕食の時間でした、今晩はメキシカン♪
ドリンクバーでは冷た~いマルガリータが振舞われまして

ということは・・・


a0082019_1021261.jpg
バックミュージックはマリアッチで♪
メキシカンムード満点、なんだかステキ。
こうして毎日、メニューも音楽もイベントも
スタッフさんたちがいろんな企画をしてくれるので飽きません*
ムディーなマリアッチの音楽に
a0082019_10203878.jpg
ハイみなさま、チークなダンス♪

猪木は・・・というと、マルガリータにほっこり。
だってさ、嗚呼うれしや飲み放題なんだもんね~*
ほろ酔いぽわーーんとダンスを眺めていると
スタッフさんがなにやら手招き。
a0082019_2215615.jpg
仲良しになったテリーおじいちゃんを連れて見に行くと


a0082019_10231544.jpg
ほっわ~~~~~キレイ!!!!

サボテンの花が咲いていました*
「こんなにキレイなのを見れるなんてラッキーだよ」
とスタッフさん、教えてくれてありがとう♪
a0082019_2217689.jpg




日が暮れて・・

a0082019_22135942.jpg
ダンスパーティーが始まりました。
昨日のダンスレッスンの成果が試されるとき!?
カントリーダンスを習っている叔父さん叔母さんはさすがはさすがっ!
ダンスフロアーでピカイチ目立っておりました*
え?猪木・・・はーーーー。。。



a0082019_2224935.jpg

テリーじいちゃんとダンス、、
というか、大暴れ?!(笑)
まあいいわ、楽しけりゃ♪
ダンスフロアーをハチャメチャに駆け抜けて遊ぶ。。
とりあえず2人でぐるんぐるん回る。。
やっぱダンス・・・・ではなかったな(笑)



踊り疲れてBARで一服。
テリーおじいちゃんも交えて楽しいお話♪
どう見ても80歳越えのおじいちゃんだけど
なんと一人でイギリスからツアーに参加してきたのだという。
「色んな異体験をしたいから、こういうツアーにたくさん参加しているんだ」
そう話すテリーじいちゃんはとってもパワフルで
好奇心いっぱいでキラキラしていた。
だれもおじいちゃんを老人扱いなんてしていないように見えたし
ダンスもアクティビティーも
私なんかよりずっと元気に楽しんでいたみたいだった。
もちろん健康であればのことだけれど、
できると思ったらできるんだとおもう、できないと思ったらできない。
どんなことも自分の気持ちの持ち方で、
ほんとにそうなんだなあと思った。
テリーおじいちゃんみたいに年をとっていけたらいいなあ。





翌朝
a0082019_22494193.jpg

野鹿さんたちに見送られて
RANCHを後にしました。
なんだかほんとにた~~~っくさんの
ステキな思い出ができました。

野鹿よ、シーユーアゲイン!
ぜひまた行きたいな~。





ファームステイ体験これにてFIN。
実はネタがゴロゴロたまっておりますので
忘れぬうちに・・・
今週はどっと更新させていただく予定、あ、予定。。。



人気ブログランキング
[PR]
by maxumii | 2007-07-10 09:33 | おでかけ(その他)